知っておきたいトレーサビリティ体系図の基礎

トレーサビリティは様々なジャンルが有ります。例えば食品になると輸入した牛肉等に狂牛病等の問題が有ると流通先を止める必要性から牛肉の流通ルートのトレーサビリティは重要になります。ただしトレーサビリティ体系図となると話が変わります。これは一般財閥法人日本品質保証機構に計測器の構成と計量器の検定を申し込み、認定を終えないと発行してもらえない取得がややこしい体系一つです。例えば校正を依頼すると校正証明書と計測器の成績書と一緒にトレーサビリティの体系図が提出される事になります。此れ等が必要になる理由は製品の精度の良さが重要な場合になります。これは計測器のメーカーのステータスと言えるので信頼されるブランドと認識してもらい為には有効なシステムです。

トレーサビリティ体系図とはどんなものか

トレーサビリティ体系図は分かり易い例えは家系図です。計測器を国家基準と国際基準までトレースして家系図の様に体系化していきます。具体的に書くと校正をする計測器の全体の体系図を書く為にその計測器の部分の種類をある程度区分けしてそれぞれの部品や機能がどのようになっているかも詳しく分類していきます。さらに其れ等の部品等の出所はどこかまで実に詳しくトレースして家系図のような感じに図示していきます。部品一つでも出所が分かる様に緻密に作り上げていくので後になって計測器の何かの部品が必要になったら体系図をみてたどっていけばどのメーカーが作った部品なのか判明します。内容が複雑であれば有る程図が多くなる仕組みで規模が大きい程体系図の規模も複雑で量が多くなるのが特徴です。

トレーサビリティ体系図を求められる時とは

計測に於けるトレーサビリティは国家基準的に確認出来る校正の連鎖が正確に校正されているかが肝になっています。トレーサビリティ体系は区分によって違いが有りJCSS標章やJCSS認定の為の物と言った具合でそれぞれのシンボルがついた校正証明書が発行されます。校正証明書は確認の為の側面があり出番が多いのが特徴です。しかしトレーサビリティが求められるケースは当事者が取引や証明をする為校正証明書だけではなくトレーサビリティで明確な証明が必要であるとした場合体系図の添付を求められるとされます。計測器の正確さは少なくとも其れを求められる所であれば定期的に確認する必要がある為校正や検証や調整は行います。トレーサビリティも当事者であるなら必要に応じて校正の時発行をする必要が有ります。