トレーサビリティ体系図とはどのようなものか

トレーサビリティ体系図とは、測定器に於いてその精度の確認を行う際に非常に重要となるものです。測定器の精度は所定の方法によって適正に保たれなければならないものですが、その精度を確認するためには基準となる機器の精度が重要となり、最終的にはその機器が測定器の精度を標準となる規定に基づいて精度の確認が行われたものであることが重要となります。実際には規定に基づいた方法で精度が確認された機器は非常に少なく、その機器に於いて直接対象の機器の精度の確認をすることは難しいものです。しかし、これを行う際に基準となった機器は正当に精度が確認されたものであることを示す為にその基準となった機器をトレースした結果として規定に基づいた方法で精度の確認が行われた機器が基準となったことを明確にすることが必要です。これを示すものがトレーサビリティ体系図です。

測定器の精度の確認は標準に沿って正確に行われることが大切

測定器の精度の確認は適正に行われることが大切です。精度を正確に維持するためには標準となる機器に合わせてその精度を調節することが重要ですが、測定の標準となる機器は非常に少ない物であり、また正確に精度を測定するためには多くの費用と時間がかかってしまうものです。その為測定器のすべてを標準の方法で精度の確認を行った場合には多大な費用と時間がかかるものですが、これに次ぐ簡素的な方法として標準となる精度の確認が行われた機器を基準としてその精度を維持することが出来ます。但し、その際には標準的な方法に基づいて精度の確認が行われた機器に従って精度の確認がされたことが証明出来るようになっていることが重要です。その為、精度の確認に使用した機器の精度の確認に関する体系を示した物が有ればその方法が一目で分かることから、トレーサビリティ体系図が重要になります。

トレーサビリティ体系図の記載方法について

測定器の精度の確認の方法は標準規格で定められており、その基準に沿って精度が正確に保たれるものです。しかし、標準的な精度の確認の方法は非常にその方法が煩雑であることや、然るべき場所で行わないといけないことが規定されており、その方法でおこなった場合には精度を確認できる台数が限られてしまいます。その為多くの測定器メーカーでは標準規格に沿った方法で精度の確認がされた測定器を元に精度を維持することが行われています。しかし、その測定器が正当な精度を持っていることを示すためには、その測定器の規準の源流が標準規格に基づいて適正に精度が維持されていることを示すことが大切です。これを体系的に示すものが有ることでその測定器が一定の基準に基づいて精度が維持されていることを体系的に示すことが出来るものとなります。